SSブログ
前の10件 | -

定例会(R4.8.19)開催のお知らせ [教育研修会の活動報告]

今週金曜日(令和4年8月19日)に一般社団法人医業経営研鑽会の定例会をAP西新宿6-Pで開催致します。

教育研修会のテーマと講師は下記の通りです。

テーマ 社労士法を正しく理解すれば介護保険事業者の指定申請等は社労士の独占業務で無いことがわかる
講師 西岡秀樹税理士・行政書士事務所 所長 西岡秀樹先生

一部の自治体や社会保険労務士が介護保険事業者の指定申請等は社会保険労務士の独占業務と主張していますが、社会保険労務士法第2条第1項1の3の申請等に介護保険事業者の指定申請等は含まれておらず、完全に間違いです。

これは解釈の問題というレベルではなく、明確に法令で除外されています。
法令をちゃんと理解できない方の多さにびっくりです。

特に自治体は事業者に対して法令を遵守するよう指導する立場にありながら、法令を全く理解しておらず、何の根拠のない指導をしており大問題です。
また士業でありながら法令をちゃんと理解できない社会保険労務士も問題です。
医師でないのに医行為をしているようなものなので早急に辞めるべきです。

8月19日は正しい社会保険労務士法の読み方について詳しく説明し、白黒をはっきりさせます。

ところで今までに介護保険事業者の指定申請等について本会(会長)に質問された方がいますが、8月19日で1時間を割いて説明するので、今後は質問にはお答え致しません。
ちゃんと教育研修会(セミナー)を聞いて頂ければわかるからです。
介護保険事業者の指定申請等について疑問があったりモヤモヤしたりしている方は必ず8月19日に参加されるか、正会員であれば後日チャットワークにアップされる動画を聴いて下さい.

なお、8月19日の親睦会は新型コロナウイルス感染再拡大を考慮して中止が決定しております。
感染拡大防止のためなのでご理解・ご協力をお願い致します。

最後に毎回お願いしておりますが、正会員、準会員ともに参加希望の方は会員専用ページから事前参加登録をお願い致します。
https://www.kensankai.org/membersonly/

nice!(0)  コメント(0) 

同居家族がコロナに感染するも家庭内感染なしで乗り切りました [お知らせ]

私事で恐縮ですが、我が家は私、妻、長男、長女の4人家族です。
そして7日(日)の夜に長男が発熱しコロナへの感染が判明しました。
同居する家族の1人が発症した場合、かなりの確率で家庭内感染が起こると聞いていますが、今日で感染判明から5日目となりますが我が家では家庭内感染は1人も出ませんでした。

いま第7波のまっただ中で同居する家族が感染している方も多いと思うので、我が家が家庭内感染を防いだやり方などをご紹介します。
医業経営研鑽会の活動には全く関係ないですが、少しでも家庭内感染を防ぐための参考になければ幸いです。

もっとも効果的だったのはセカンドハウスの存在です。
第7波の爆発的な感染拡大を考慮し、万が一のためのリモートワーク用として自宅近くにウィークリーマンションを借りていました。
正直無駄になると思っていたのですが、備えあれば憂いなしとはまさにこのことです。
長男の発熱が判明後、すぐに長女をウィークリーマンションに移しました。
したがって長女の感染リスクはほぼ抑えることができました。

残る同居家族は私と妻です。
長男は自分の部屋から出ない、使い捨て容器での食事の提供、長男が使用するトイレを分ける、長男が使用した物や触ったであろう箇所の徹底的な消毒は当たり前のように行いました。
当然ですが、消毒にはペーパータオルを使用し、使用後すぐに廃棄しました。
このためペーパータオルはかなりの量を使いました。

ここまではどのご家庭でも行っていると思いますが、それでも家庭内感染しているところが多いと思います。
違いがあるとすれば換気ではないかと私は考えています。
我が家は注文住宅なのでそもそも空気の流れを考慮して建てています。
建築当初は感染対策のことなど全く考えていませんでしたが、今回はこれが家庭内感染を防いだと思っています。
猛暑なのでクーラーをつけていますが、常に窓は開けて換気し続けました。
長男の部屋には妻の部屋の方が一番近いのですが、それでも5メール程の廊下を隔てていますし、その廊下の窓も常時開けているので換気はばっちりです。
コロナが空気(エアロゾル)感染することは周知の事実であり、換気はとても重要と考えて徹底して換気をした結果、1人の家庭内感染も出さずに乗り切ることができました。

まとめると可能であればセカンドハウスを確保することをお勧めします。
長女の部屋は長男の隣にあるので、もし自宅に長女が居続けていたら感染した可能性はかなり高いと思います。
同居する複数の家族が感染するとこれを防ぐのは事実上難しいと思うので、最初の1人目の家庭内感染を防ぐことが、家族全員の家庭内感染を防ぐことに繋がると思います。

そうはいってもセカンドハウスを確保できるご家庭だけではないと思うので、その場合は、隔離と消毒は当たり前として、なんといっても換気をしっかり行うことをお勧めします。
猛暑であっても電気代をケチってはいけません。
コロナが治ってからその分も節電すればいいだけの話と私は割り切って対応しました。
昼間・夜間を通して窓を開け続け、常に換気を行い、空気(エアロゾル)感染を防げば、家庭内感染の可能性は低くなるはずです。

以上、医業経営研鑽会の活動には全く関係ない話ですが、家庭内感染を防ぐ参考にして頂ければと思います。
最後に私、妻、そして娘もほぼ毎日医療用抗原検査キットで検査をして陰性を確認していますし、週末にはPCR検査を行います。
来週には顧問先様との打合せや医業経営研鑽会の定例会の予定がありますが、ちゃんと陰性を確認したうえで行いますので皆さんご安心下さい。

nice!(0)  コメント(0) 

横浜市に対して改善要望書を提出しました [お知らせ]

令和4年8月1日付で横浜市に対して横浜市健康福祉局高齢健康福祉部介護事業指導課が「介護保険法に基づく各種申請、届出等についての書類の作成や届出業務について、業として行えるのは社会保険労務士法により社会保険労務士の資格を付与された社会保険労務士のみ」と手引きに間違った記載をしていること及び指導をしていることの改善を要望する書類を提出致しました。

詳しいことは医業経営研鑽会オフィシャルサイトに掲載しています。
https://www.kensankai.org/

横浜市等一部の自治体や一部の社会保険労務士が介護保険事業者の指定申請等を社会保険労務士の独占業務と主張していますが、社会保険労務士法第2条第1項1の3の事務代理に介護保険事業者の指定申請等は含まれておらず、明らかに社会保険労務士の独占業務ではありません。
見解の相違というレベルではなく、明確に社会保険労務士法において除外されています。

介護保険事業者の指定申請等が社会保険労務士の独占業務だと主張している方は法令すら理解していません。
自治体は事業者に対して法令を遵守するよう指導する立場であるにも関わらず、自らが法令の読み方すらわかっておらず違法な指導をしており大問題です。

8月19日の定例会で私は「社労士法を正しく理解すれば介護保険事業者の指定申請等は社労士の独占業務で無いことがわかる」というテーマで講演をしますが、結論は医業経営研鑽会オフィシャルサイトに掲載済みです。
したがって、8月19日はより詳細に法令の読み方をご説明するとともに、横浜市等の自治体や行政書士会の問題点などについてお話する予定です。

特に法令の読み方(理解の仕方)は行政手続きに携わる方に是非聞いて頂きたいです。
これは介護保険事業者の指定申請等は社会保険労務士の独占業務だけの話ではありません。
法令を正しく理解できれば行政の間違った指導にすぐに気付く事ができます。
行政の間違った指導から事業者を守るのは行政手続きに携わる者の義務だと思います。


8月19日の定例会に参加される方は会員専用ページから事前参加登録をお願い致します。
https://www.kensankai.org/membersonly/

nice!(0)  コメント(0) 

研鑽会初の女子会を開催しました。 [お知らせ]

昨晩、医業経営研鑽会初の女子会を都内において行いました。

女子会なのでもちろん私は参加していませんが、参加された先生から写真を送って頂いたのでブログでご紹介いたします。

話題が尽きず3時間もお店にいたらしいですが、写真からも楽しそうな雰囲気は十分伝わってきます。

今後もニーズがあれば女子会の開催を続けて行きたいと思います。

295579802_1140146806715878_5572166301519806437_n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

次回定例会(R4.8.19)のご案内 [教育研修会の活動報告]

次回の一般社団法人医業経営研鑽会の定例会は令和4年8月19日にAP西新宿6-Pで開催致します。

教育研修会のテーマと講師は下記の通りです。

テーマ 社労士法を正しく理解すれば介護保険事業者の指定申請等は社労士の独占業務で無いことがわかる
講師 西岡秀樹税理士・行政書士事務所 所長 西岡秀樹先生

横浜市等の一部の自治体や一部の社会保険労務士が介護保険事業者の指定申請等は社会保険労務士の独占業務だと主張しています。

もし彼らの主張が正しいのであれば医療法人が介護保険施設と障害福祉サービスを運営する場合、申請等の手続きを外部に依頼する場合の委託先は下記のように介護保険施設のみ社会保険労務士となります。

保険医療機関に関する指定申請等・・・・・行政書士
生活保護法に関する指定申請等・・・・・行政書士
労災保険に関する指定申請等・・・・・行政書士
医療法人に関する設立認可申請等・・・・・行政書士
介護保険施設に関する指定申請等・・・・・社会保険労務士
障害福祉サービスに関する指定申請等・・・・・行政書士

「なぜ介護保険施設のみ社会保険労務士なの?」と強い違和感を感じるのは当然です。

それは彼らが法律を強引に拡大解釈して介護保険事業者の指定申請等は社会保険労務士の独占業務だと主張しているからです。

しかし、社会保険労務士法を正しく理解すれば介護保険事業者の指定申請等は社会保険労務士の独占業務で無いことがわかります。
そこで、8月19日に誰もが納得できる法令を根拠とした理由を示して介護保険事業者の指定申請等は社会保険労務士の独占業務で無いことをご説明致します。

体験参加も受け付けております。
体験参加をご希望の方は事務局までメールでご連絡下さい。

nice!(0)  コメント(0) 

定例会(R4.7.15)開催のご案内 [教育研修会の活動報告]

今週金曜日(令和4年7月15日)に一般社団法人医業経営研鑽会の定例会をAP西新宿5-Cで開催致します。

教育研修会のテーマと講師は下記の通りです。

テーマ 不妊治療が保険医療になることによる様々な変化について
    ~医療機関・不妊関連企業・患者動向について~
講師 株式会社メディエンス 代表取締役 池上文尋様

なお、7月15日は定例会の後に行う予定だった親睦会は新型コロナウイルス感染再拡大を考慮して中止することが理事会で決定致しました。
参加を予定していた方には大変申し訳ありませんが、感染拡大防止のためなのでご理解・ご協力をお願い致します。

なお、ご案内している通り定例会は予定通り開催致しますが、当日に37.5度以上の熱がある方は参加をご遠慮下さい。
また、定例会中は常時マスクの着用をお願い致します。

正会員、準会員ともに参加希望の方は会員専用ページから事前参加登録をお願い致します。
https://www.kensankai.org/membersonly/

nice!(0)  コメント(0) 

2022年8月19日の教育研修会の講師が決まりました [教育研修会の活動報告]

2022年8月19日(金)の教育研修会の講師は久しぶりに私(西岡秀樹)が務めます。
テーマは「社労士法を正しく理解すれば介護保険事業者の指定申請等は社労士の独占業務で無いことがわかる」とさせて頂きます。

私は以前から介護保険事業者の指定申請等は社会保険労務士の独占業務ではないと、数々の根拠を示して説明してきました。
研鑽会としてもて令和3年1月18日に日本行政書士会連合会に、令和3年2月26日に全国社会保険労務士会連合会に照会文書を郵送しておりますが、残念ながらどちらもいまだに回答がありません。

そのくせ介護保険事業者の指定申請等は社労士の独占業務として行政書士の業務を侵害する自治体が増えてきたので、いい加減そろそろ白黒をはっきりつけたいと思っています。

社会保険労務士法の改正経緯と現在の条文を正しく理解すれば介護保険事業者の指定申請等は社会保険労務士の独占業務では無いことは明らかなので、業務に支障が出ている行政書士の先生や、なぜ社労士の独占業務?と納得がいかない行政書士の先生、または本当に社労士の独占業務なの?と疑問に思っている社労士の先生など、是非ご参加下さい。

ただし、誰が何と言おうと絶対に社労士の独占業務だと頑なに信じ切っている社労士の先生は、何を言っても聞く耳を持たないと思うので参加はお断り致します。
某国に明らかに侵略しているのに独自の持論を展開して聞く耳を持たない某国の大統領のようなものなので、話すだけ無駄だからです。

近いうちに介護保険事業者の指定申請等は社労士の独占業務と間違った指導をしている横浜市等の自治体に対して改善を要求する予定なので、そのような方とはそこで白黒をはっきりさせたいと思います。

nice!(1)  コメント(0) 

令和4年度総会は感染対策を徹底うえで大盛況のうちに終了しました [お知らせ]

令和4年6月25日ににザ・プリンスさくらタワー東京にて4年ぶりにリアルで総会を開催いたしました。

特別講演及び総会中は参加者全員に常時マスク着用をお願いし、懇親会はできる限り会話を控えて頂き、その代わり食事中はホリプロ アナウンス部に所属している勝野南美様に懇親会に参加した41名の会員の紹介をして頂きました。

会員の皆様のご協力もあり、勝野様が紹介している間に会話をされる方はほとんどいませんでした。
そして食後のコーヒーは持ち運びできる紙カップで提供してもらい、各自マスク着用のうえ自由に席を離れ会話を楽しんでもらいました。

参加した会員からは他の会員のことを知ることを出来てよかった、これほど感染対策を徹底した会にはじめて参加したなどの感想を多数頂くことができました。

また勝野様のとてもわかりますく、聞き取りやすい紹介にも高い評価を頂きました。
セッティングをした私としても鼻高々です。

なにはともあれ、総会が無事に終わってホッとしております。
ようやくこれで私も総会への対応から開放されました。
猛暑の中、参加して頂いた会員の皆様、遠路はるばるご足労お越し頂いた講師の野末先生、そして受付・司会等をして頂いた勝野様に改めて感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

特別講演の様子
特別講演.jpg

懇親会の様子
懇親会.jpg

勝野南美様
勝野南美.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

総会の事前参加登録をされている方はアピールポイントを事務局にお伝え下さい [お知らせ]

令和4年度の総会は6月18日をもって事前参加登録の受付を締め切っております。
最終的な参加者は本会会員43名、日本法令からの来賓1名、司会進行をお願いしている勝野様の合計45名となりました。
多くの方にご参加頂けるので総会が盛り上がること間違いないです!

ところで、事前参加登録をされている方は必ずアピールポイントを事務局までお伝え下さい。
総会前日の24日までにご連絡がない会員については会員紹介は行いません。
総会当日になって「忘れていた」と言われても対応は致しません。
あらかじめご承知おき下さい。

なお、アピールポイントは200文字を目途としてお願いしています。
何名か大幅に文字数を超えたアピールポイントを書かれていますが、会員間の公平性を保つためと、1人あたりに要する紹介の時間を平均化するために、長すぎるアピールポイントは私の方で修正いたします。
皆様プロとして仕事されるいるので、定められたルールはできるだけ守って頂くようお願い致します。

nice!(0)  コメント(0) 

総会の事前参加登録は6月18日(土)までです [お知らせ]

令和4年度総会の事前参加登録は6月18日(土)をもって締め切ります。

事前参加登録していない正会員は特別講演と総会には参加できますが、その後に行われる懇親会には参加できません。
懇親会は事前にザ・プリンスさくらタワー東京に対して食事数を伝えなければならない為です。

懇親会を含めた令和4年度総会に出席予定の正会員の方は必ず6月18日(土)までに会員専用ページから事前参加登録を済ませて下さい。
いかなる理由があろうとも事前参加登録されていない正会員は懇親会には参加できません。
あらかじめご承知おき下さい。

会員専用ページ
https://www.kensankai.org/membersonly/

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -